C型肝炎コールセンター 0120-207-802(受付9:00-18:00)C型肝炎に関する資料を差し上げます。

C型肝炎コールセンター 0120-207-802(受付9:00-18:00)C型肝炎に関する資料を差し上げます。

文字サイズ

治療の種類

抗ウイルス療法

体内からウイルスを排除すれば、肝硬変や肝がんに進展するリスクを下げることができますので、これがC型肝炎治療の第一目標となります。可能であれば、できるだけ早期に抗ウイルス療法を開始することが大切です。

抗ウイルス療法 体内からウイルスを排除して治療を目指す治療法です
  • インターフェロンを使わない治療(飲み薬) 服用期間8週間~24週間
  • インターフェロンを中心とした治療法(注射+飲み薬)
  • インターフェロン(注射)

※注射薬のインターフェロンを使わず、飲み薬(直接作用型抗ウイルス剤:DAA)だけでウイルス排除を行う治療法を「インターフェロンフリー治療」と言います。

肝庇護療法

抗ウイルス療法が行えない患者さんに対して行われます。
ウイルスを排除する効果はありませんが、肝炎の炎症を抑え、病気の進展を予防する治療方法です。

  • 薬物療法(注射または飲み薬)
  • 体内の血液を外部に排出(瀉血)することで症状の改善を求める治療法
肝庇護療法 薬物療法・瀉血など 肝炎の炎症や病気の進展を抑える治療法です。抗ウイルス療法が行えない患者さんに対して用いられます。

【監修】 大阪大学大学院医学系研究科 消化器内科学 教授 竹原 徹郎先生

abbvie

Copyright © 2016 AbbVie