abbvie

C型肝炎コールセンター 0120-207-802(受付9:00-18:00)C型肝炎に関する資料を差し上げます。

C型肝炎コールセンター 0120-207-802(受付9:00-18:00)C型肝炎に関する資料を差し上げます。

文字サイズ

新たな治療方法

注射薬を使わない、飲み薬だけの「インターフェロンフリー治療」

C型肝炎の治療法に、飲み薬(DAA)だけの内服治療でウイルスを排除する「インターフェロンフリー治療」が登場しました。この新しい治療方法が登場したことによって、今までインターフェロン治療を受けることができなかった患者さんや、従来の治療では充分な効果が見られなかった患者さんも治療できるようになりました。

DAAは、C型肝炎ウイルスに直接作用するお薬

インターフェロンはウイルス感染によって体内でつくられるタンパクを薬として治療に利用しています。それに対して、DAA(直接作用型抗ウイルス剤)は直接、C型肝炎ウイルスを攻撃することができる新しいお薬です。

DAA(直接作用型抗ウイルス剤)とは

  • C型肝炎ウイルスの複製に直接阻害してウイルスの複製を強力に抑制する薬です。
  • 飲み薬なので、より簡便に治療できます。

C型肝炎抗ウイルス療法(ジェノタイプ1・2)の変遷

C型肝炎抗ウイルス療法(ジェノタイプ1・2)の変遷
  • 飲み薬のみの治療法
  • インターフェロンを中心とした治療法(注射+飲み薬)
  • インターフェロンのみの治療法

※ 治療方法は、患者さんの症状などによって異なりますので、医師にご確認ください。

DAAを正しく使用しましょう

薬の飲み忘れに注意

お薬の飲み忘れが続くと、血液中の薬の濃度が低下し、C型肝炎ウイルスが再び増える危険性があります。治療中は医師の指導をしっかり守って、正しく服用してください。

併用薬に注意

他の疾患で使用している薬や健康食品が、C型肝炎の薬の効果に影響を与える場合があります。また、C型肝炎の薬が他疾患の薬の効果に影響することもあります。副作用を避け、適切な治療効果を得るために、併用薬については医師の指導をしっかり守ってください。

副作用が現れたら医師・薬剤師に相談を

DAAによる治療中には、手足のむくみや肝機能異常(ALT(GPT)の上昇)がみられることがあります。定期的に血液検査をうけ、むくみなどの症状が現れたら医師や薬剤師に相談しましょう。

【監修】 大阪大学大学院医学系研究科 消化器内科学 教授 竹原 徹郎先生

Copyright © 2016 AbbVie