abbvie

C型肝炎コールセンター 0120-207-802(受付9:00-18:00)C型肝炎に関する資料を差し上げます。

C型肝炎コールセンター 0120-207-802(受付9:00-18:00)C型肝炎に関する資料を差し上げます。

文字サイズ

医療費助成制度とは

C型慢性肝炎・C型代償性肝硬変に対する医療費助成とは

C型肝炎の治療は非常に高額であるため、患者さんの医療費負担を軽減するために国と都道府県が行っている公的な福祉制度です。

助成の対象となる患者さん

C型慢性肝炎・C型代償性肝硬変で、インターフェロン治療及びインターフェロンフリー治療を受ける患者さんのうち、都道府県による審査を経て認定された方が対象となります。
具体的な申請手続きについては、こちらをご覧ください。

助成の対象となる医療の範囲

この制度によって軽減される医療費は、「インターフェロン治療及びインターフェロンフリー治療に関連する診察費や医療費のうち、保険適応となっているもの」です。
保険外の医療費、ウイルス排除を目的としない肝炎治療に関する医療費は、この制度の対象ではありません。

助成の対象となるもの

  • インターフェロン治療及びインターフェロンフリー治療にかかる初診料、再診料、検査料、入院料、薬剤料で保険適応となっているもの
  • インターフェロン治療及びインターフェロンフリー治療による副作用の治療で保険適応となっているもの(ただし治療を中断して行う副作用の治療については対象外)

助成の対象とならないもの

  • 保険外の医療費(診断書等の文書料、差額ベッド代、入院時の食費など)
  • ウイルスの排除を目的としないC型肝炎治療の医療費(肝庇護薬による治療やインターフェロンの少量長期治療など)

自己負担の上限額

この制度の対象であると認定されれば、自己負担の上限額は原則1ヵ月1万円(世帯所得の多い方は2万円)となります。

自己負担限度額(月額)

世帯の市町村民税(所得割)課税年額※※ 自己負担限度額(月額)
235,000円以上 20,000円
235,000円未満 10,000円

※ 世帯とは、患者さんを含む住民票上の世帯全員のことです。ただし、同じ住民票の世帯でも、実質的に生計を別にしていると認められる場合は、その人の収入を世帯の課税額合算対象から除外できます。
※※ 市町村民税(所得割)課税年額は、市区町村役場で「世帯全員の課税証明書」をもらうことでわかります。

治療期間別自己負担限度額の例

自己負担限度額(月額) 治療期間 自己負担限度額(合計)
20,000円 8週~24週 40,000円~120,000円
10,000円 8週~24週 20,000円~60,000円

※ 治療期間は、患者さんの症状や治療方法によって異なります。治療期間については、医師にご確認ください。

【監修】 大阪大学大学院医学系研究科 消化器内科学 教授 竹原 徹郎先生

Copyright © 2016 AbbVie